僕を考える

八島遼三郎のブログです。若い人辛い人繊細な人に向けてブログを書いています。

滂沱

太陽が出てきて、向かいの瓦屋根が、外国の犬が掛けてるサングラスみたいに日光を乱反射している。要は眩しい。

夜のNHKで、アセクシャルについて特集が組まれていた。

アセクシャルとは性的関心が無い人のこと。この番組で初めて知った。

LGBT等の性に関することは、批判する意図も賛同する意図も一切無い。これから勉強させてくださいに尽きる。

 

僕の関心としては、遺伝子に組み込まれた要素なのか、環境によるものなのか。

この分け方自体に社会的な意味は無くて、単に僕の興味として。

 

このケースで言うと、性的にマジョリティとは異なる存在が、生物として病気であったり障害として、十分条件であるのかってこと。(生物と文化は切り離せないってご意見はごもっとも。ただここにおいては一旦切り離して考えていることをご理解あれ)

 

栄養を摂りたいとか、性交をしたいはきっと遺伝子に組み込まれていると思う。

「生まれつき栄養を摂れない」はきっと病気。女性が女性しか愛せないも恐らく遺伝子のエラー。

けど、アセクシャルの例でいえば、「他人に性的魅力を感じ無い事=遺伝子的なエラー」と直接言えるものではない気がする。一般的な「男」「女」というイメージからは離れている。それがすなわち、手指が生まれつき欠損しているなどの、遺伝子的なエラーと同じ括りになのかと言われたら、違うような気がする。

 

アセクシャルの方を批判したり、攻撃する意図は一切ない。それでも配慮とか知識とか色々足りない発言かもしれない。ごめんなさい。

 

遺伝子の要素と、環境要因がどちらも組み合わさっている(当然どんなことでもだと思うけど)と捉えるのが妥当じゃないかと思う

何が言いたいかって、遺伝子などの生物の基礎となる部分と、環境や文化は混ざり合うっているんだなってこと。

そして「アセクシャル」という言語が生まれていること自体、現代社会が遺伝子など生物的、物理的な側面だけでなく、文化的な側面が大きくなっている証左だと思う。

だから、これからの病気や障害って言われるものは、文化的な側面も充分に加味されなきゃいけないし、加味されていくんだと思う。人類は歩を進めている。

---------

 

関東甲信越あたりが大雨らしく、昨晩から雨が降り出した。さっきまで滂沱として降っていたのに、気が付くと晴れている。

昨日は豪華な食事だった。ご飯とお味噌汁、炒め物、お漬物、アボカド、サラダ、煮びたし。ご飯があって、それを調理して、妻と笑顔で食べられる。ごくごく当たり前っぽい光景だけど、膨大な数の奇跡を通り過ぎて食卓に座っている。

 

この夜が刹那的な瞬間だってことも、普通の愛おしさも知ったから、前までのようにお腹がはち切れる程には食べなくて良い。

 

夕食後には、妻の仕事で使うショップカードを作って「これオシャだね」って言いながら、デザインを考えた。妻は余白、空白を使うものが好き。僕はつい情報量たっぷりにしがち。

その後には、夏の夜お決まりの深夜アイスを買いに西友に行った。アイスが食べたかったんじゃなくて、妻と一緒に出掛けたかった。

 

涙腺も思考も、ずっと緩い。

1人で大丈夫かな、勧誘の人が来ても断れるかな、車でケンカ売られたりしないかなって未来を勝手に想像して、胸を締め付けてる。

けど、きっと大丈夫。僕がここに居座り続けるよりずっと大丈夫。そういう論理。

 

僕と妻

「トイレに人参のカケラが落ちてたよ」って優しく言ってくれる妻と、離れる決断をした。

 

出会ってから5年が経つ。僕は25歳、妻は28歳の時。

まだ実家住まいだったころに、母の知り合いとして現れた。第一印象は大きくて頭ボサボサ。

2年後に僕の妻になる人は、柔軟剤の匂いをぷんぷんさせて、大きい身体をなるべく小さくして笑っていた。

 

彼女の乗っている小さい車で、どこまでだって連れて行ってくれた。僕が不機嫌になったら夜景の見える山の中。僕がカレーが好きだからって隣の市まで。仕事で疲れたら、必ず迎えに来てくれた。

 

ガラケーのメールで唐突に僕が「サッカーと哲学とカレーが好きだ」って言ったら、妻は「私はそれのバスケットボール版」って優しく返信してくれた。

 

自分がどんな人間かを、妻が全部教えてくれた。

料理が得意なことも、掃除ができないのも、コミュニケーションをとるのが下手くそなのも、すぐ機嫌が悪くなるのも、妻という相手がいたから理解した。妻が受け止めてくれたから、直そうって思えた。

 

仕事が急に入ったってウソついてやった、荒天の中でのサプライズのプロポーズ。段取りが悪くて、めちゃくちゃ下手くそでも「もちろん」って言って受け止めてくれた。

その後に行ったレストランが美味しくなくても、ニコニコしているし、はしごだ!って言って食べに行ったラーメンも付いてきてくれた。

 

札幌から上田に移住する時も、自分のお客さんが地元にいるのにも関わらず何も言わずに着いてきてくれた。

本当はしたかった結婚式をしなくても、撮りたかった結婚したよ、の写真をいつまでも撮らなくても、我慢し続けてくれた。

何もできない僕を、不甲斐ないって責めなかった。

 

僕が仕事を辞めても文句を言わないし、無職のくせに妻に当たり散らしても、もう死んだ方が良いんだってカッターを持ち出しても、最後には大丈夫って抱きしめてくれた。

 

僕が今生きていられているのは、妻のおかげ。

地獄の淵にいても、もう一回生きてみようって思っているのも妻のおかげ。

 愛してる。本当に愛してる。

 

妻も人の子。子供の部分もあれば、大人の部分もある。

僕は妻の大人の部分しか認めないで、そこしか見ないように付き合ってきた。

僕が子供で居られるように、怒ったり、喚いたりして、妻が子供にならないように、妻が欲を出さないように、5年間押し込めた。

 

甘える僕と、甘えさせる妻。子供のままでいる僕と、大人の妻。

何もしないで許される僕と、責任を果たし続ける妻。

 

その構造自体が、2人を苦しめる。僕は何もできなくても妻さえいれば、当座の満足は得られる。妻は苦しむ僕が、喜ぶのであれば優しい顔をする。

限界なんだって、ずっと前から知っていた。でもそれを引き延ばして引き延ばして、妻にもっともっと優しさの仮面を被らせて、その構造に居座り続けた。

 

妻には、どっしり構えた男らしい人が良い。

 

もっと頼りがいがあって、車を持っていて、きちんと働いていて、近所づきあいもできて、子供が欲しくて、アウトドアもできる人が、妻には良い。

そういう好みを理解していても 、僕は僕でしかなくて、愛する妻よりも自己愛にしがみついて、妻の想う夫には1秒だってなれなかった。ずっと正反対に居続けた。

 

幸せになって欲しいなんて、思うことがおこがましい。

 

40歳になっても、お互いがまだ何者でもなかったら、もう一度結婚しようって話をしている。

その時は結婚式だって挙げるし、笑顔で写真も撮る。近所の人とバーベキューもするし、大きい車を買って、週末はキャンプをする。

 

#「迷い」と「決断」

りっすん×はてなブログ特別お題キャンペーン〜りっすんブログコンテスト2019「迷い」と「決断」〜
Sponsored by イーアイデム

分かり合いエクスタシー

今日も良い天気。乾燥した風が居間から僕の部屋まで吹き抜けて、湿度をどんどん奪ってく感じ。部屋でもちょっと暑くて、汗ばんでいる。おかげで肌はしっとり。

夕食の買い物に行ったら、よく行く中華料理店の女将さんがいた。あんなに安い値段なのに、普通のスーパーで豆腐とか、麺とか買ってるの!?まじごめん。

お店にいる時は忙しいから、感情が少ない。けど、お店の外で会うとにっこり可愛らしい笑顔だった。

そのお店の中華丼。美味しい。

f:id:yashimaryoz:20190519180357j:plain

分かり合うって難しいって最近思っている。ゆえに、達成するとエクスタシー体験。

きっと皆分かり合うその快感を求めて、日々彷徨っているのかなって考えている。

 

いつか見たテレビで、ある家族が、通勤通学をするまえに「当たり前なんてひとつもない!わかってもらおうは絶対禁止!思いは言葉に!」みたいなことを全員で叫んでいた。ちょっと極端だけど、大事な認識。

 

 

 

他人が、自分についてどれくらい認識をしているかなんて分からない。自分でさえ、途方もない自分という生き物の情報をすべて把握して、それを統御できない。

 

でも、人間は楽をしたがる生き物。時間を一緒に過ごした時間が長ければ長いほど、甘えと言う名の人付き合いを殺す化け物「言わなくても分かるでしょ」がエンカウントする。

確かに、時間が長ければ長いほど、どういう人間か提供できる情報自体は多い。けれど、その情報を相手が受け取って、自分に対しての行動基準に加えているかどうかは確かめようが無い。

ただでさえ込み入った事象である、「分かり合う」っていうものに、確証バイアスなんてややこしいものが加わるともう面倒すぎる。

それくらい、他人を理解するという行為は、人間が処理できる情報量を越えていると思う。

 

 

同じ趣味嗜好を持った人同士が、運命的に出会う。語っても大丈夫だし、語らずとも分かり合える。そんな素敵な関係。「分かり合う」。

そんな現象が、一番出現しやすいのはヲタク仲間だと思う。そういう方々っていつも喋っている時楽しそう。きっと彼らは分かり合える快感を覚えているんだと思う。

 

僕は僕で、自分が今生きている社会とか、命とかに関して思う事柄を分かり合いたいって思っている。未だ快感を感じたことは無い。切実にエクスタシー仲間が欲しい。

 

愛について

今日は午前中から、妻とエスプレッソを飲みに行った。

&espressoという、僕が住んでる上田市のお隣、東御市にあるカフェ。

エスプレッソと銘打っている店は、行っておきたい。

f:id:yashimaryoz:20190518212309j:plain


味は、僕の好みより数段酸っぱい。店主は僕と同い年で、気さくな方だった。

 

 

最近気が付いたことがある。それは人間は愛の塊だってこと。ほとんど全てのものが愛で出来ていること。

愛っていうと、セックスとかラブロマンスみたいなことをイメージしがち。けど僕の認識では全然違う。

 

EMIさんの「僕が僕でいるためのパラダイムシフト」で、主人公が紆余曲折を経て自己愛に満ちるシーンがある。

自分が愛おしすぎて涙が出そうになる、自分が愛で包まれている感じ。という表現。

最近になって、僕もそれが分かるようになった。

これさえあれば、物理的に不可能なこと以外はなんだってできるっていう、謎の自信。揺らぐことのない自己信頼。

多くの人が子供の時にはそれを備えて生まれて育っていると思う。それを教育とか環境とかで、屈折しちゃって一回手放す。

大半の大人が、そのまま欠けた心で諦めて生きるか、満たされないことを原動力にして生きる。

でも僕は、妻に愛というものの存在を知って、自分を愛で満たすこともできるし、欠けた状態にもできるんだって教わった。

 

最近のブログで、心に飴玉みたいな形の穴が開いているって書いた。

今は、穴が開いているんじゃなくて、開いていた。過去形だって知っている。

きっとその穴があった場所を自分で掘り返しているだけなんだって。自分の心は既に満たされていて、それに気が付けなくて、穴があるはずって自分が自らを傷つけていたんだって思っている。

だから、僕は既に満たされている。それに気が付いた時、自分に対する愛情と、それに気が付かせてくれた妻への愛情で沢山泣いた。

 

自信満々・威風堂々じゃなく、自分と今この場にしか意識が向かない状態。未来への不安も過去の後悔も微塵もない。満たされているから自信があるってアピールする必要がない。なんなら、今すぐ死ぬことだって笑顔で出来ちゃうくらい。

 

いつどのようにして気が付いたかって、本当は書きたかった。けど、じんわりじわじわと満たされていたから、いつからっていう訳じゃなくて、妻を中心とした僕に優しくしてくれた人ともの全てが、僕を少しづつ満たしてくれたんだと思う。

今はそういう認識。

 

All you need is loveってビートルズが歌っていたけど、今ならその意味が分かる。

無意識か顕在意識か

最悪な状況は脱した。風が吹いただけでも涙がちょちょ切れそうな不安定さだったけど、少し回復。ご飯を食べるのは大事。

 

最近、ユングとかフロイトの無意識系の本を読んでいる。

今日は河合隼雄さん「無意識の構造」

 

無意識の構造 (中公新書)

無意識の構造 (中公新書)

 

 

「無意識」とインターネットで検索すると、無意識をビジネスにつなげたサイトがまぁ多いこと。サブリミナル効果とかもあるように、人の意思決定を操れたらそりゃお金集めるのに使いますよねぇってことか。まぁ透明人間になったら僕も女湯に行くと思う。それと同じか。

ビジネスが悪いとか、宗教が悪いなんて毛頭言うつもりがない。僕が言いたいのは、肝心な情報が埋もれちゃわない?ってこと。

情報商材!!」ってピカピカして太くて黒い文字で書かれたのが出てくると、拒否反応。もしかすると良い情報なのかもしれないけど、そのサイトを閉じてしまう。非常に悲しい。

 

 

 

そんで、今日も無意識とか、そういうことを考えたり本を読んだり検索していたんだけど、ふと気が付いた。

・顕在意識は論理的思考。文章の整理を意識的に頭の中で行う。

・無意識は、思考を介在せずに行動を選択して行う。頭の中に文章は出てこない。

 

ある意味当たり前だけど、顕在意識と無意識の差。

 

論理的思考(顕在意識)によって人類は発展してきたと思う。論理的思考はすなわち科学であって、それは再現可能性。暗黙知、経験知に頼らない、言語によって叡智を伝える手段。

ビルの建て方を学ぶには、きっとその道の先任者がいてその人のやり方をマネするのが早い。僕はこっちが好き。人類の発展に寄与したいって思わない!?僕はめっちゃ思う。

 

一方で、無意識の言語化しない、不惑、不動の心の強さも分かっている。理由なんて聞かれたって無い、って言える強さ。好きだからやるんだよって言える強さ。逞しい。大工さんになんでその仕事やるんですか?って聞いたとして、「いや~実はねこれこれこういう理由があってねぇ」なんて冗長に返事が来たら、きっと変だなって思う。そういうこと。

 

当然、どっちか片方だけなんてことは言えない。切り替えが大事。僕は明らかに考えすぎだから、しんどくなる。

褒め合うこと

今日考えたこと。

 

・両親

両親が離婚するとき、訳が分かっていないままだったんだと思う。

両親が大声出しているのがそれだけで嫌で、どっちについていくとかそういう次元の問題じゃなかったと思う。下手のこと言えないし、きっとだけど子供のころからアウフヘーベン派だったと思う。

 

・僕の中になにがあるのか

抽象的だけど、飴玉があるでしょ。それがカプセルみたいになっていて僕の心の中にある。それが僕の心の穴として存在していると思う。そしてそれはいつか開く。きっと中身は良く知っているものだと思う。それをこじ開けるために今泣いたり落ち込んだりしていると思う。答えはもうでていると思うんだけどね。

 

 

・未来は良く見えている

未来がどうなるかは分からない。でも、こうなっていて欲しいとかこうなるな~っていう像がある。僕はニットを着ている。意外と髪が長い。それに向かって頑張るだけ。落ち込んじゃうと、それすら見えなくなる。

 

・EMIさんの「僕が僕であるためのパラダイムシフト」

この間買った本。やっぱり良い本。特に主人公が回復していくシーンは、すべて自分に当てはめられる。けど、一個だけ当てはめられない、文字は読めても理解ができない僕の心がまだ届いていないであろう箇所がある。きっとそのシーンに当てはまる自分が見つかれば大丈夫なはず。

 

・褒め合い

人が一緒にいるのって、褒め合うためじゃねって思った。怒るとか貶すのは論外。褒めるか助ける以外の趣旨で人と関わり合うのって不毛だって気が付いた。

それ以外が不毛なら、褒める褒める褒める。助ける助ける助ける。不毛じゃない。

 

 

投げっぱなしジャーマン

昨日の夜にロールケーキを食べて以来、おせんべい二枚とキウイしかまだ食べていない。いや充分か。このまま断食スタイルを通そうか迷っている。また倒れたら、と思うと怖い。

 

昨日の夜も「なんで僕はこうなんだろう」って落ち込んでしまった。平衡感覚はぐらぐらになるし、シャワーも歯磨きも妻に手伝ってもらわないとできなかった。

 

思考を突き詰める作業って、僕はもう終わったと思っている。これまで60記事も書いてきてそのほとんどが、内省したこと。

だから、もう自分がうじうじするのは終わりでいいんじゃないかって思っているんだけどうまくいかない。試行回数を増やす方が絶対良いって知っているけど動けない。

自分の中に原因が無いのか探してしまう。絶対自分の中にあるはずだけど、それしかできないと人は死んじゃうと思う。それが今の僕。

もしかしてこれって、自分探しが終わらない的なやつ??いや、もう具体的な夢もあるし、色々やるだけなのよ。けど、僕の思考も体もついてこない。

 

だから、布団にくるまってアリスの国症候群と戦ったり、絶望と戦っていたりした。妻が僕の戯言を聞いてくれる。その中で「気持ちを明るくして動いても、何も状況変わらないもん」って言った。

確かにそうだった。鬱状態から抜け出して、元気いっぱい伊勢志摩に働きに行っても倒れて帰ってくる。挙句治療費と交通費までこさえて。僕のなかで、「元気になって動いても状況は変わらない」という経験知が出来ている。

そして、元気がなくなったら、妻が優しくしてくれる。そのコンボだと思う。

 

じゃあどうするのって、自分が2時間に一回くらい尋ねてくる。

「元気になっても動いても状況は変わらない」って思っているんだね。って自分自身に気が付いていることを投げかける。今はそれだけにしている。

ふと気持ちが楽になると、忙しい僕の心が「じゃあどうすんのじゃあどうすんの」ってせっついてくる。けど、それには聞いてはあげるけど答えない。

まずは、気が付いたことが体に馴染むまでじっとしている。そうしたら僕の心も急かすようなことを言わないはず。

だから発展的な思考はいったんお休みする。散歩でもしてこよう。